ニューカメラ持って初撮り鉄に

先日、注文していたデジカメが手元に届き、今日はこのカメラを持って撮り鉄に出かけました。

2017.5.22 撮り鉄 7
キヤノン製のPower Shot SX420 IS
一眼レフのようないでたちのですが、実はコンパクトカメラに部類されます。
有効画素2000万画素・光学42倍ズーム搭載できれいな写真が撮れそう!
旧モデルになるので、安く買うことができました。

早速撮影開始です。
2017.5.22 撮り鉄 1
JR223系6000番台 三ノ宮駅にて
外で動いている電車相手に撮ったらシャッタースピードが速くなり、綺麗に撮れました!
2017.5.22 撮り鉄 2
JR207系 三ノ宮駅にて
停止寸前のところを撮りました!
2017.5.22 撮り鉄 3
山陽電鉄3000系 阪急神戸三宮駅にて
屋内でも停止状態だと綺麗な出来栄えです。
2017.5.22 撮り鉄 4
阪神1000系 尼崎駅にて
正面が綺麗すぎてフロントガラスが光りすぎました。
2017.5.22 撮り鉄 5
近鉄5800系 阪神尼崎駅にて
駅進入時を撮りましたが、外ではシャッタースピードが速くなるのでこのような出来栄えです。
他に撮りましたが地下で動いている電車を撮ったらシャッタースピードが速くならず、ぼやけた写真になってしまいました。

これからこのカメラでいい写真を多数紹介します。
スポンサーサイト

2017年5月6日 乗り鉄レポート 松阪・津

ゴールデンウィーク中、なかなか鉄分補給ができませんでしたが、ようやく昨日、鉄分補給がかないましたので松阪から津へ行ってきました。
近鉄特急で出陣です!
2017.05.06-1
「スズメバチ」こと22600系Ace。
このスズメバチ君も新色化が進んでいますが、まだ多くの車両がこの塗装で走っています。
伊勢中川で降り、ここから急行に乗り換え。
62017.05.0-2
名古屋から来た松阪行き急行5200系。
一般車両の4扉ロングシートに対し、3扉クロスシートと快適な内装プラストイレ付きで大阪上本町・名古屋~伊勢志摩方面の長距離急行を中心に使われています。

松阪からはJR紀勢本線で津へ。
DSCF2697.jpg
快速「みえ」に乗車。
この車両はキハ75型で近鉄5200系同様、3扉クロスシートの内装で名古屋~鳥羽の間で近鉄と乗客の争奪を繰り広げています。
最近の気動車(ディーゼルカー)、国鉄時代とは違いハイパワーエンジンの導入で電車と変わらないハイスピードで走ります。
津まで乗りましたが100キロ近いスピードが出ていたと思います。
この区間は近鉄の誤乗客がいるせいか松阪発車後、車掌による車内改札(検札)が始まりました。
DSCF2698.jpg
キップを見せた途端車掌から「キップに穴空いているのでOKです」と一言!
検札印も押さずに返却してもらいました。
津から帰りは近鉄アーバンライナー・デラックスカーで帰ろうと思ったらなんとデラックスカーはすでに満席(汗)伊勢中川まで出て他の特急で変えることにしました(アーバンライナーのレギュラーカーに乗る気は毛頭ありませんでした。)
良く考えたらゴールデンウィークまっただ中、乗車率が高いはず。
DSCF2700.jpg
津から伊勢中川まで5800系「L/Cカー」で移動。
混雑状況に合わせクロスシートにもロングシートにもなる日本初の車両でこの時はクロスシートで運行されていました。
DSCF2699.jpg
この5800系、名古屋線では4両編成で(急行運用時は2両編成のロングシート車を併結して6両で)大阪線と奈良線・京都線などでは6両編成で運用されています(大阪・名古屋線用はトイレ付き、奈良・京都線用はトイレなしで阪神直通対応)

鳥羽発の大阪上本町行き特急も6両編成で残席わずかでした。
DSCF2702.jpg
帰りもスズメバチ君22600系。
アーバンライナーのレギュラーカーよりも座り心地のいい座席でモバイルコンセントも装備されており、携帯の電池が少なくなってもこれで充電できるので安心!
DSCF2704.jpg
鶴橋に到着したら反対側には「お魚電車」こと松阪行きの鮮魚列車が発車!
充実した鉄分補給になりました。

我が模型鉄道にやってきたけん引車

3月4月と鉄道以外の用事が目いっぱい。鉄分補給どころではありませんでした。
最近、更新も少なくなりご心配をおかけしています。

今日は最近購入したけん引車を紹介します。
けん引車とは車庫内での車両入れ換えや工場に出入りする電車を1両単位で輸送する為の車両です。
クモヤ143湘南色
首都圏を中心に使用されている(されていた?)クモヤ143。
本来は紺色(国鉄色見本で青15号といいます)に前面窓下に黄色の警戒帯が巻かれていますが、この車両はJR東日本・国府津(こうづ)車両センターに配置されていたもので東海道本線全線開通120周年を記念して「かぼちゃ色」の愛称を持つ「湘南色」に改められました。

クモヤサンド回送
写真中央の2階建て車両のように運転台がなかったりモーターがないなどの理由で自走できない車両はこうやってけん引車を両端に挟んで輸送します。

クモニ143-800
後ろに連結していたのは架空の荷物車クモニ143-800
旧型国電クモニ83 800番台の床下をクモニ143と同じものに入れ替え改造したという設定で作ってみました。

模型の世界ではこのような架空の車両(マニアの間ではウソ電と言っています)をつくるのもアリと思います。

阪神 ふたつの副標付き電車

野球の聖地とも言われる甲子園球場では選抜高校野球大会が行われています。
今日はその副標がついた阪神電車を撮影に行きました。
センバツ副標 4
大会期間中、特急および直通特急には春夏とも副標が掲出されますが、春と夏でデザインが違うんです!(写真は阪神8000系)
センバツ副標 2
春はこちら「センバツ」とかかれたこの副標が阪神・山陽車両に掲出されています。
センバツ副標 5
こちらは山陽5000系
神戸開港150年の記念ヘッドマークとともに掲出されています。
夏は「高校野球」と書かれたバッターをデザインしたものです。
こちらは今夏にでも紹介したいと思います。

鳴尾高架副標 1
鳴尾高架副標 2
ジェットカーと呼ばれる5550系(写真上)と5500系の一部には3月18日初発から武庫川~甲子園の間、先に完成した下り(神戸・姫路方面)につづき上り(大阪方面)も高架化され上下線とも完成したので記念副標が掲出されていました。
鳴尾高架副標 3
副標を拡大したもの。
たいせつがギュっとのシンボルマークがたくさん描かれており、かわいいですね。
鳴尾高架副標 4
上り線・鳴尾駅到着前の前面展望
雨のせいでいまいちの写真になってしまいました。

貴重な副標がふたつも撮影でき、充実した一日でした。

阪神1000系「夢を走らせよう」ラッピング車

年度末が近付き、忙しくなってしまい鉄分補給もままならない日々が続いていました。
模型もしばらくネタ切れで記事がアップできず申し訳ありません。

今日は阪神電車1000系にラッピング車両が出ているので紹介します。
阪神夢を走らせよう 1
阪神夢を走らせよう 2
阪神夢を走らせよう 3
この車両は阪神電鉄がパビリオンを出展しているキッザニア甲子園とコラボして登場したもので、6両1編成が走っています。

阪神夢を走らせよう 4
また阪急阪神ホールディングスの社会貢献活動「阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト」←(クリックすると別ウインドウでプロジェクトサイトにつながります)の一環としてもおこなわれています。
このプロジェクトは他社で活発に行われている「環境活動」のほか子供達の育成を目的とした「人づくり」も実施されているのが特長です。

阪神夢を走らせよう 5
阪神夢を走らせよう 6
阪神の沿線活性化プロジェクト「たいせつがギュッと」のシンボルマークがおどる中、子供達が書いた将来の夢とともに今日も阪神本線・阪神なんば線・山陽電鉄本線・近鉄奈良線を走っています。
プロフィール

鉄乃助

Author:鉄乃助
子供のころからの鉄道趣味を今も続けています。
皆様のご乗車?をお待ちしております。

最新記事
みなさんからのコメント
月別アーカイブ
行き先案内
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる