スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016 おおさか市営交通フェスティバル

やっとデジカメの新しいバッテリーが届き、鉄分補給もできるようになりました!
今日は抽選で当たった「おおさか市営交通フェスティバル」が大阪市交通局・緑木車両工場で行われたので行ってきました。
なんばから地下鉄四ツ橋線で出発です。
大阪市地下鉄23系
四ツ橋線の車両は23系
この後紹介する新20系の一員で各線向けに大量生産された中、四ツ橋線用の車両です。

緑木車両工場の最寄り駅は北加賀屋ですが、今日は終点の住之江公園から会場入り口まで無料のシャトルバスが運行されるのでそれに乗ります。
市営交通フェスティバル 1
市営交通フェスティバル 2
シャトルバスはもちろん大阪市営バスで、6分間隔で運転されたのでめっちゃ便利!
シャトルバスの車内広告はすべて市営交通フェスティバルのものに交換されており、歓迎ムード満点です。

市営交通フェスティバル 13
市営交通フェスティバル 12
このシャトルバスにはこの後紹介する「ゼブラバス」の復刻車も動員されていました。

会場に入るとすぐのところで、保存されている「ゼブラバス」がお出迎え!
市営交通フェスティバル 3
市営交通フェスティバル 4
このバスは1964年生まれの車両で自力で走行可能との事。
車体の横縞模様から「ゼブラバス」の愛称が付いていました。

市営交通フェスティバル 5
市営交通フェスティバル 6
大切に保存されている地下鉄開業時の車両100型
御堂筋線・梅田~心斎橋が開業した時導入されました。
車内の見学も可能でした。

市営交通フェスティバル 7
同じ場所で展示されていたニュートラム100型(1次車)
市営交通フェスティバル 8
大阪市営地下鉄近代化に貢献した30系
この車両はこの緑木車両工場と森ノ宮検車場の2か所で保存されています(この車両は1993年引退)
市営交通フェスティバル 9
地下鉄新20系フルラインナップ
写真右から(系列・所属路線・車体帯色)
21系 御堂筋線 赤
22系 谷町線 紫
23系 四ツ橋線 青
24系 中央線 緑
25系 千日前線 ピンク
編成は21系が10両、25系が4両の他は6両編成です。

市営交通フェスティバル 11
市営交通フェスティバル 10
この他、併設されている市電保存館も公開され、懐かしの大阪市電も公開されました。
展示車両のほとんどが大阪市指定文化財になっており、大切に保存されています。
レトロな車両も多数見ることができた一日になりました!
スポンサーサイト

デビュー前の近鉄新特急を追いかけて

今日はどこにいても暑い一日でした。
こんな中、9月10日にデビューする近鉄の新しい観光特急「青の交響曲(シンフォニー)」が試運転で吉野方面に走っているという情報を入手し、急きょ出かけました。
鶴橋から近鉄特急で出動です!
近鉄21020系
近鉄21020系 車内ディスプレイ
近鉄21020系 エンブレム
やってきたのは2003年にデビューしていながら2編成しかないのでなかなか乗れなかった21020系「アーバンライナー・ネクスト」今回初乗車です。
近鉄21020系 ブルーリボンプレート

同年に鉄道友の会から「ブルーリボン賞」を受賞しています。
大和八木から橿原神宮前で再び乗り換えて吉野方面へ。
途中の市尾駅で一旦下車。カメラを向けて待機。
近鉄6020系復刻ラビットカー
近鉄16000系
近鉄16400系
上から6020系復刻ラビットカー
最古参の特急車16000系
バッタこと22000系の南大阪・吉野線バージョン 16400系
ここでは他に4~5人の撮り鉄がいて、青のシンフォニーは六田(むだ)にいるとの事。早速急行急行(笑)
六田駅に到着すると車庫内にいたー!
近鉄16200系青の交響曲(シンフォニー) 六田車庫発車
これが16200系「青の交響曲(シンフォニー)」!
通勤車6200系を改造して生まれた3両編成で1・3号車は座席車(デラックスカーと同等のもの)2号車はラウンジカーでバーカウンターも設けられています。車両番号は大阪阿部野橋寄り(写真の1号車)から16301-16251-16201
近鉄16200系青の交響曲(シンフォニー) エンブレム1
近鉄16200系青の交響曲(シンフォニー) エンブレム2
出入り口横と2号車窓下に配置されたエンブレム
紺色の車体とともに高級感をフルに出しています。
このあと、六田駅から大阪阿部野橋方面に向かって発車していきました。
近鉄16200系青の交響曲(シンフォニー) ポスター
近鉄の各駅では告知ポスターも掲出され、デビューを待つのみです。
尚、特急券は8月10日の10時30分から発売開始です!
しばらくは1カ月前の発売開始と同時に売り切れるプラチナチケットになるんでしょうね。
でもやっぱり乗りたいので、頑張って特急券取りまーす!
尚、他に撮影した写真もあるのでコチラからご覧ください!

383系「ワイドビューしなの」

鉄道に特化した我がブログ、ネタ切れとなってしまうとなかなか更新できませんでした。
所有する模型の中で紹介していなかった383系「ワイドビューしなの」を紹介します。
実車は中央本線・名古屋~長野の間を走る特急電車で、今春までは一日1往復だけ大阪にも乗り入れていたので、実車を大阪駅で見ることもよくありました。
383系模型 1
長野方の先頭車はパノラマグリーン車のクロ383
写真の車両は流線型の0番台ですが、他に貫通式の100番台が存在します。(0番台連結のものは6両編成・100番台連結のものは4両編成)
383系実車
こちらは実車のクロ380 0番台(2016.4.4 名古屋駅にて撮影)
この電車の特徴といえばカーブの多い中央本線でスピードアップをはかるために、カーブに差し掛かると車体が曲がる方向に傾く「制御式振り子」を採用しています。
この模型も振り子装置が付いており、車体が傾きます。
383系模型 2
写真は名古屋寄りの先頭車・クモハ383
このトンネル内は写真に向かって左カーブになっているので、車体が左に傾いているのがおわかりいただけると思います。

週末はドコへ行こうやら、考え中です。
プロフィール

鉄乃助

Author:鉄乃助
子供のころからの鉄道趣味を今も続けています。
皆様のご乗車?をお待ちしております。

最新記事
みなさんからのコメント
月別アーカイブ
行き先案内
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。