ロイヤルエンジン EF58 61号機の整備

現在紹介している近鉄9020系「シリーズ21」は部品調達が難航しており、作業が中断状態ですので最近、中古で購入したEF58型61号機の整備をおこない、走れる状態にしました。
EF58 61側面
実車は終戦直後から作られた旅客用直流電気機関車で東海道・山陽本線や上越線で使用されました。
この中でも61号機は天皇陛下などの皇族が利用する「お召し列車」の牽引用に作られた特別なEF58です
これが我が模型鉄道にやってきた5両目のEF58です。
EF58 3機の並び2
150号機・67号機と並べた状態(実車の150号機は今春オープンする京都鉄道博物館に保存展示されることになりました)
先に登場した67号機に比べると車体や足回りが光っているのがわかるでしょうか
EF58 61分解後
スムーズに走るように動力ユニットをきれいに分解。
今回の整備は
1.ギア各部にグリスを注す
EF58 61ウォームギアグリスアップ
このようにウォームギアにもグリスを注し、スムーズに動くようにします。
2.車輪および軸受の磨きだし
中古車両は汚れていることが有るので徹底的に磨きだす。
をおこないました。
EF58 61組み立て後1
整備が終わったら元通り組み立て
このあと写真右上にあるライトユニットや銅板も元通り組み立てます。
EF58 61試運転
ライトユニットも組み立て、動力ユニットだけで試運転
EF58 61日章旗取り付け状態
車体も載せて日章旗をつけた「お召し列車」装飾
EF58 3機の並び1
左から67・61・150号機の並び

こうして特別なEF58がやってきたので、1988年に実現したオリエントエクスプレスでも牽引させようかな・・・


スポンサーサイト

神戸市営地下鉄&北神急行乗り比べ

今日は久々に乗り鉄できる時間ができ、神戸市営地下鉄山手・西神線と北神急行電鉄・北神線(相互直通運転)に乗ってきました。
三宮駅からスタートです。
神戸市交1000-02型
やってきたのは神戸市営地下鉄1000型
1977年の開業時から1987年まで製造された電車で1997年から2012年にかけてリニューアル工事が実施されて第7編成までは1000-01型、第8編成以降は1000-02型と呼ばれます(写真の第14編成は1000-02型)
形式が変わった理由はリニューアル時に01型と02型でVVVFインバーター(電車を動かすための制御装置)が違う為です
1000型車番
車体塗装や車両番号の書体は神戸市電のものを受け継いでいます。

Uラインマーク
地下鉄のシンボルマークはUラインマークといわれますが、これは山手・西神線の路線がアルファベットのUに似ているところから付けられているそうです。
1000-02型ブラインド
車内を見てビックリ
日よけはカーテンではなく阪急電車と同じアルミブラインド
阪急ではだんだんなくなってきていますが、こちらでは全車健在のようです。
次の新神戸から谷上までの区間は北神急行の路線に変わり、乗務員もここで交代します。
神戸市営地下鉄山手・西神線は車掌も乗っていますが、北神急行はワンマン運転となります。
長さ7276メートルのトンネルを約8分で走ると谷上に到着。
谷上は神戸電鉄との共同使用駅(管理は北神急行)で有馬温泉や三田に乗り換えて行くことができます
帰りは北神急行の7000系
北神7000系
北神7000系車内
親会社が阪急ということもあり、内装も阪急の影響をうけています。もちろん日よけはアルミブラインド
北神7000系運転台
運転台は近代的なデスク型2ハンドル方式(左のハンドルがマスコン・加速および下り坂で使用する勾配抑速ブレーキ、右がブレーキハンドル)
北神急行内ではATO(自動列車運転装置)による自動運転を行っているので写真中央にATOボタンがついており、ブレーキをゆるめてふたつのボタンを同時に押すと次の駅まで全自動で走ってくれます(神戸市営地下鉄の車両にもATOがついています)

今日はさほど寒くもなく、乗り鉄しやすい一日でした。







近鉄9020系「シリーズ21」の加工 その2

しばらく放置状態となっていましたが、前回から紹介していた模型の加工に必死になっていました
停車時もライトを点灯させたいので、動力ユニットを交換することにしました
動力ユニット分解前
使用するのは比較的台車の形状が似ているJR209系の動力ユニット
動力ユニット分解後
車体を外したところ
床下機器は9020系に付いているものを使用するので外し、台車はグレーに塗装します。
動力ユニット加工後
床部分はヘッド/テールライトが点灯できるよう写真右側の銅板が露出している部分を広げるため現物合わせで切り取ります

モ9020車体仮組み後
排障スカートを取り付け、車体を仮組みしたところ

今日の作業はここまで。このあとはTNカプラーと床下機器の取り付けです。
まだまだ先は長そうです
プロフィール

鉄乃助

Author:鉄乃助
子供のころからの鉄道趣味を今も続けています。
皆様のご乗車?をお待ちしております。

最新記事
みなさんからのコメント
月別アーカイブ
行き先案内
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる