スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が模型鉄道にやってきたけん引車

3月4月と鉄道以外の用事が目いっぱい。鉄分補給どころではありませんでした。
最近、更新も少なくなりご心配をおかけしています。

今日は最近購入したけん引車を紹介します。
けん引車とは車庫内での車両入れ換えや工場に出入りする電車を1両単位で輸送する為の車両です。
クモヤ143湘南色
首都圏を中心に使用されている(されていた?)クモヤ143。
本来は紺色(国鉄色見本で青15号といいます)に前面窓下に黄色の警戒帯が巻かれていますが、この車両はJR東日本・国府津(こうづ)車両センターに配置されていたもので東海道本線全線開通120周年を記念して「かぼちゃ色」の愛称を持つ「湘南色」に改められました。

クモヤサンド回送
写真中央の2階建て車両のように運転台がなかったりモーターがないなどの理由で自走できない車両はこうやってけん引車を両端に挟んで輸送します。

クモニ143-800
後ろに連結していたのは架空の荷物車クモニ143-800
旧型国電クモニ83 800番台の床下をクモニ143と同じものに入れ替え改造したという設定で作ってみました。

模型の世界ではこのような架空の車両(マニアの間ではウソ電と言っています)をつくるのもアリと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます☀お元気そうで安心しました。
けん引車、何だか懐かしい感じがします。
架空の車両、うそ電っていうのですね。想像したものが、形になるって、夢がありますね。

かなさん、ありがとうございます。

けん引車、今もJR西日本では各車庫に配置されていますが、東海や東日本ではお役御免となりつつあります。
その中で「かぼちゃ」こと湘南色は非常に懐かしいです(ただし、旅客電車ですが・・・)

この他にも「ウソ電」あるので後日紹介しますね。
プロフィール

鉄乃助

Author:鉄乃助
子供のころからの鉄道趣味を今も続けています。
皆様のご乗車?をお待ちしております。

最新記事
みなさんからのコメント
月別アーカイブ
行き先案内
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。